« あおって損 | トップページ | ナイスフォーム »

2019年8月18日 (日)

ida ten ten 第31回

ロス五輪では、水泳ニッポンが大活躍。

肩身の狭い思いをしていた日系人達にも元気をもたらします。

どうしてこんなに強いのか…と疑問をもつIOC会長に対して、嘉納治五郎は古式泳法のエキシビションを思い立ち、まーちゃんも子供の時以来、みんなの前でお披露目することに。

前回金メダルだった鶴田選手役の大東駿介氏、なんとほとんど泳げなかったのだとか。

猛特訓したんですね。

実際の鶴田さんの後、オリンピック水泳(平泳ぎ)で連覇を果たしたのは北島康介氏だけですから、すごい記録です。

逆に三浦貴大氏は水球をやっていたとかで、古式泳法の心得もあったのだとか。

002600471_20190818153201

撮影した頃は、温水プールとはいえ、外気は1度ほどですごく寒かったのだと撮影秘話が。

立ち泳ぎは、ダイバーでフィンをつけている状態では、からだを縦にした時に、あんまり動かさずにバランスだけとっていればいいのですが、(小さなはさみ足やあおり足)何もつけていない時は、踏み足か巻き足の方が多いみたいです。

踏み足は、みんながやっていたあの足さばき?ですね。

次回はまーちゃん、いよいよ身を固める…??


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

 

 

« あおって損 | トップページ | ナイスフォーム »

2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あおって損 | トップページ | ナイスフォーム »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー