« ida ten ten 第14話 | トップページ | 我が家で12ラプ »

2019年4月15日 (月)

もういやだ、と思っている人へ

いっぱしに病気に勝った気でいたけれど。

俗世にもどって1年余。

悩みの種はつきまじ。

自分のからだの心配をしている暇もないほど。

これが「生きていること」というならば、生きるということはどんなに大変なことなのか。

あらためてわかった気がするのだ。

それでも前を向いて生きていく。

それが人生なんだとは、わかっているけれど。

こうまでして生還した意味はあったのか、とすら思うこともしばしば。

だからといってあきらめてはいけない。

生きているだけで、すばらしいのだと。

今、新しい環境になじめない人もたくさんいるかもしれない。

でも、必ず「あの時死ななくてよかったな」と思える日がくる。

だから死んではいけない。

若い時はもっと思い悩んでいたと思う。

悩みの種類はそれこそいろいろだった。

小さい時もそう。

転勤族だったから、何度も転校してつらい目にもあった。

いじめだってあった。

登校拒否もした。

それでも生きてきた。

自分から死んではだめなのだ。

それは、生まれてくる時に誰かと約束しているはずなのだ。

それを違えないで一生を終えれば、たいして何もなかったよな、と思える人生でも

「よくやった」

と、その誰かに褒めてもらえると思うのだ。


 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ にほんブログ村

 

« ida ten ten 第14話 | トップページ | 我が家で12ラプ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ida ten ten 第14話 | トップページ | 我が家で12ラプ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー