« 癒し | トップページ | やっと »

2018年4月 8日 (日)

sego dondon 第13話

篤姫は、無事に輿入れをすませます。


輿入れの列が長かったようですね。


斉彬は、薩摩切子を日本で最初の様式産業群として、金のなる木と鼻息も荒くします。



吉之助は斉彬との一献を、生涯忘れることはありませんでした。

Rimg0147


そして、月照が登場しました。



吉之助と一緒に入水して、命を落としますが、どんな風に描かれるのでしょうか。


さて、久しぶりに故郷に帰った吉之助は仲間同士、旧交をあたためます。


懐かしい面々から質問攻めにあいますが、斉彬の話になると、酒の席で話すことでないと声を荒げます。



そんな時、大久保にも縁談が。



天下国家を動かす男になれそうだと大久保は『よろしくお願いします』というのでした。



それでも、そんな嫁を残して大久保は、吉之助と一緒に歩きだしたのでした。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« 癒し | トップページ | やっと »

2018大河ドラマ「西郷どん」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: sego dondon 第13話:

« 癒し | トップページ | やっと »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー