2017大河ドラマ「女城主直虎」

2017年12月17日 (日)

naotora ~最終回

いつのまにか最終回。


好きな時代なので、違う側面からみる大河かな?と思っていたのですが。


後半の、とくに万千代がでてきた辺りから、なんとなく面白くなってきて、もっと先が見てみたいと思うように。


とはいえ、主人公の直虎没年が本能寺と同じなので、、
1512975515606.jpg


菅田将暉氏はいずれ、大河の主役もやると思う。

うまいけど、どの役やっても同じ、という若手と違って、ほんと感心する。


脇役では平八郎がよかった。


怪しいカリスマの信長よりも。


最後はほんと直政物語。


でも、直虎は龍雲丸の船が難破して一緒に逝けるという切ない、でも約束通りでよかった。


西郷どんは楽しみ。


2017年10月29日 (日)

naotora 第43回

直虎はあまり出番がなく、家康と万千代のやりとり…が面白い。

万千代は、その利発さと要領の良さとで小姓の先輩達をやりこめつつ、のしあがっていきます。

岡崎の処遇を相談されたり、すでに四天王の風格??

瀬名と信康に会った彼は、信康のおおらかさと人がらを家康に報告。

薄幸なふたり…築山殿と信康。

Rimg0056

井伊では、民と直虎による村の整備によって潤ってきています。

薬の知識など、結局は井伊の財産を足がかりに出世の階段をのぼる万千代です。

次回の予告をみると、大事な母上が病の様子の直虎。

いつでも直虎の味方で、優しい祐椿尼との別れが近づいてきているのでしょうか。

人気ブログランキングへ   にほんブ
ログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
  

2017年10月25日 (水)

naotora 第39回~第42回

ひと月に一回となってしもた…。

それでも万千代の菅田君はいい( ^ω^ )

若手俳優では一番うまいと思ってるので!!!

ついに小姓になるも、小姓たちにいやがらせをされるといふ図が待っているのね。

それはそうと、勝頼は真田丸の平氏が記憶に新しい方もいるのでは?

私もそうです。

武田家は滅亡、とんでも親方なのか、いやいやすぐれた武人なのか意見が分かれるところ。

Rimg0194

徳川軍、織田軍と勝頼の軍が長篠で激突!!

有名な馬防柵で騎馬隊を封じ込めた話ですね。

すでに鉄砲の時代、飛び道具を使うとは信長も先見の明がありますね。

サダヲ家康さん、今後どうなっていくのでしょう。

今回は築山殿が直虎の親友設定になっているのでね。


人気ブログランキングへ   にほんブ
ログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
  

2017年9月25日 (月)

naotora 第37回 第38回

ここのところ2~3回まとめているのは、リアルタイムで見ることができないことも多いので…。

そしてやっぱり、リアルタイムで観たいというほどではない、という事も。

次の『西郷どん』を病室で観ることになろうとは…。

でも楽しみです。

鈴木亮平さんは好きだから。

そうそう、亮平さんのニチレイ焼きおにぎりCMに出ている柴わんは、花子とアンで鈴木さんと共演したあの柴わんなんですって!!

軍用犬として連れていかれて泪、泪でしたけれど。

Rimg0050

あ、直虎でしたね。

還俗(げんぞく)した直虎は、お頭龍雲丸と平穏に暮らしていくことにしたのですが、井伊家の再興も頭にありました。

本能寺まで10年。この年に直虎も亡くなっているので、直虎の人生も番組も終わりに近づいている感じがしますね。

一度は龍雲丸とともに堺へ行こうと思う直虎でしたが、武田と徳川の成り行きを見守ることに。

翌年は武田信玄が病没しますから、またなかなか歴史も思うようにはいきませんね。

松平さん、今までになくすごい年の信玄みたいに演じていますが50そこそこ…(汗

まあ松平さんの信玄ドラマはそれ独立で観たい気もしますが…。

近藤へ武田への帰順を促す直虎でしたが、火を放ち抵抗を試みる近藤なのです。

武田にひとり乗りこんだネゴシエイター南渓和尚を信玄は面白がるのでした。

が、、冥府から迎えにきました。。寿桂尼こわっ!



にほんブログ村


人気ブログランキング

2017年9月15日 (金)

naotora 第34回 第35回 第36回

サブタイトルが、どの映画に呼応しているのかわかると楽しいですね。

中身は…。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

もうあと3カ月ですよね…。どうなるんでしょう。

こころ君の坊主頭はかわいかった(笑)

政次の死を受け入れられない直虎が、少しの物音に「待ちかねたぞ」と立ち上がるシーンは切ないですけれど。

そして、異例のCD発売ですよ。

生産もおいつかないほどの政次のCD。

すごいですね!! 政次の死を受け入れられない女子が国中にたくさんいるってことですね!!

Rimg0488

さて、お頭も命をとりとめ、直虎は彼とふたりで生きて行く決心をします。

ワイルダーなお頭派はひと安心ですね。

直虎は女子としての幸せをつかめるでしょうか??

抵抗していた虎松も松下家の養子となります。

井伊家の家臣達はみな、ばらばらと別の道を歩み始めます。

  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2017年8月21日 (月)

naotora 第31回 第32回 第33回

おとりつぶしとなった井伊に、今川より虎松の首を差し出すよういわれ、汚れ仕事といえば…の但馬が、病にかかった村の子供を手をかけ…。

直虎はその首を埋めて経をとなえながら決意するのでした。

今川と武田との関係は悪化するばかりでしたが、表向きは今川についている井伊は、但馬を矢面にたたせていました。

直虎は家臣にそのことをはじめて伝えたのですが…『ほんとはとうだと思っていた』発言が飛び出し、ちょっとなごやかムードに。

政次いい人キャンペーンのまま終わらせる模様…。

直虎は家康に、虎松の首は偽物で関口の首を差し出すつもりと書状を送ります。

Rimg0128

あちらで裏切りこちらで裏切り、ちょっとわけわかんなくなってしまいそうですね。

近藤康用など、政次のことを裏切り者で信用がおけないといいつつ、彼とて…。

この時代は本心を明かすことなど、なかなかできなかったでしょうね。

そして、ロスの方が多数でそうな但馬の処刑。

ほんとうは、彼の子供まで処刑されたみたいです。


ほんとは『なつ』と幸せになってもらいたかったですよね。

わらいじわが素敵な一生さんでした。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2017年7月31日 (月)

naotora 第30回

直虎も半分以上を消化しましたね。

今回は、今川と伊井の板挟みで悩む方久が、しまいには開き直ってるのがおかしかったですね。

徳政令を受け入れることで、伊井谷はおとりつぶし、今川の直轄地となるけれど、徳川との仲はどうなる?

と、いうあたりが判りにくかったです。

大河って小学生の頃からみてますが、もっとわかりやすかったような。

  

 Rimg0503

寿桂尼に見抜かれていた己のことを責めていたけれど、もっと前に但馬に話すべき。

と、いうか、今の但馬との絆なら話している方が自然。

数回のエピソードで、直虎もかなりの影響力を寿桂尼から与えられていた体になっているけれど、それもいまいち。

傑山が、やっと出てきた、、

  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

2017年7月24日 (月)

naotora第29回

女戦国大名とも言われた寿桂尼が逝き、直虎は読経を上げるのでした。

小国伊井は、徳川につこうとしますが、虎松の母しのを上慶の実家に人質にとられそうになり、虎松は小さい胸を悩ませ、あのてこのてと考えます。

心君、うまいですな。やぱり。

母も嫁いで10年ほどで亡くなるのですね。

今生の別れですかね。

梛の木をそっと植えて行く母心なのでした。


00260058

梛は、戦地に向かう武士が鎧などの武具に葉をつけて無事を祈ったり、仏教徒が熊野大社からの参拝から無事帰ることができるようにと、その葉を笠につけたりしたものといわれています。

その頃、氏真も
武田との戦を決意し、伊井に魔の手を伸ばすのでした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2017年7月18日 (火)

naotora第27回 第28回

武田信玄が重厚な雰囲気の松平健氏でしたが、この配役はどうでしょうか??

武田義信自害により、気賀を治めたいと陳情に出向いた直虎達は出鼻をくじかれた形となってしまいます。

寿桂尼にも心をみすかされ、デスノートに名前を連ねてしまうことに。

結局は気賀をも治めることとなった直虎ですが、城代は方久にまかせることとします。

そろそろ時代が動き始めますね。

ファンも多い但馬ですが、お別れの時が近づいてきましたよ。

R0010309

武田と今川の戦いの渦に飲み込まれていく今後の直虎達ですが、どのように描くのでしょうか。

但馬(政次)は、井伊思いの戦士として散らせるのでしょうか。

そして龍雲丸達の運命は??

家康がついに絡んできて、直虎のただ一人の女友達瀬名の立ち位置は??

直虎も後半に入りましたが、目が離せなく…なるでしょうか?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2017年7月 3日 (月)

naotora 第26回

都議選が気になって(都民じゃないのにね!)直虎どころじゃなかった?

女城主小池さんが、勝ちましたね。直虎も頑張っていたけれど、彼女の主張がすぐに商人や武将に届くのがちよっと。(笑)

龍雲丸の過去も少しずつ明らかになって、、

気賀の城の普請の話より、町が二つに割れてもめる(石の投げ合い)シーンもありましたが、なんと単純な。

城下町の方が仕事がしやすいよ、とかお役人の締め付けがひどいよ、とかは経験がものをいうような。

R0010225


城を枕に討死にした龍雲丸の親の話も、なんか説得力にかけるような。ある程度大きかったし。

しまいには気賀民ファーストじゃないけど、あんたがおさめたらどうよ?って話に発展。

今川のお殿様、次回『どいつもこいつも』って怒ってましたね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 mikiおすすめの逸品 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 THE BENTOH おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー