« すばらしきワゴン車 | トップページ | コースしゅうりょ~ »

2017年7月24日 (月)

naotora第29回

女戦国大名とも言われた寿桂尼が逝き、直虎は読経を上げるのでした。

小国伊井は、徳川につこうとしますが、虎松の母しのを上慶の実家に人質にとられそうになり、虎松は小さい胸を悩ませ、あのてこのてと考えます。

心君、うまいですな。やぱり。

母も嫁いで10年ほどで亡くなるのですね。

今生の別れですかね。

梛の木をそっと植えて行く母心なのでした。


00260058

梛は、戦地に向かう武士が鎧などの武具に葉をつけて無事を祈ったり、仏教徒が熊野大社からの参拝から無事帰ることができるようにと、その葉を笠につけたりしたものといわれています。

その頃、氏真も
武田との戦を決意し、伊井に魔の手を伸ばすのでした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« すばらしきワゴン車 | トップページ | コースしゅうりょ~ »

2017大河ドラマ「女城主直虎」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: naotora第29回:

« すばらしきワゴン車 | トップページ | コースしゅうりょ~ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー