« おされセンターで検査 | トップページ | 今度はゆっくり »

2017年1月20日 (金)

縁は異なもの沼なもの

通勤の道にある慰霊塔は「明暦の大火」で犠牲となった江戸の人達の供養塔です。

もっともっと昔、このあたりは沼地だったようですね。

沼を埋め立てたところに建つ我が家から、沼を埋め立てた地にある勤め先に通うとは…どんだけ沼に縁があるんじゃ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

さて、この大火ですが…1月18日から20日まで焼けつづけ、江戸の町を焦土と化しました。

18日は夜間に通りましたが、町は落ち着いていていました。

R0010443

また、この火事は振袖火事ともいわれます。

とても悲しいお話ですが、人は恋の病で死んでしまうものなんですね。

この火事により、桜のきれいな吉祥寺界隈の人は五日市街道沿いに移住をして、その町を吉祥寺とします。

ゆっくり足をとめて見ることはないのですが、ご冥福だけお祈りしました。

江戸の町もその後は整備され、橋も何本か増設されたみたいです。

今日も非常に空気が乾いていますし、風もあります。

どうぞ火の元に気をつけて!!


人気ブログランキングへ


  にほんブログ村

« おされセンターで検査 | トップページ | 今度はゆっくり »

mikiの日本橋日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縁は異なもの沼なもの:

« おされセンターで検査 | トップページ | 今度はゆっくり »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー