2015大河ドラマ「花燃ゆ」

2015年12月13日 (日)

Hana more you 最終回

インターポット
mikiさんの庭を見に行く

大河ドラマが最終回をむかえると、いよいよ年の瀬というか、一年の終わりが近づいているなあと感慨深くなりますね。

お正月すぎてすぐにはじまった「花燃ゆ」ですが、初回から視聴率では大苦戦。

途中で方向性を見失ったかのように思えました。

人と人をつなぐ、どんな環境でも学び続ける…そんな美和の笑顔で終わった最終回です。

が…消化不良気味の方も多かったのでは??

鹿鳴館のくだりも、安易な感じで。

女性達が美和に絹の寄せ書きを渡したのはよかったなぁ。

お母さんがお風呂をたてて待っているのも。

母とは、いつでも「待っている」人なのかもしれません。

松下村塾の回想シーンを観ると、けっこう面白くできそうなのにな…と残念。

ちょっと時間配分がおかしいのが、自分にはちょっと…。

それにしても長らくのおつきあい、ありがとうございました。

真田丸、いよいよですね。

1月10日から!!  また、感じたことを書かせて頂きます。

遊びに来て下さったら嬉しいです。o(*^▽^*)o

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年12月 6日 (日)

Hana more you 第49回

「花燃ゆ」来週が最終回となります。

長くおつき合い頂きました「Hana more you」も次回をもちまして最終回でございます。

息切れしそうでしたが、なんとか最後までいけそうです…。

群馬編になったら、なんか違うドラマみたいで、わりと楽しめました。

やはり阿久沢夫妻のせいでしょうか。

そして、今回…美和は楫取と再婚することに。

ふたり思い合って…という風な演出ですが、実際はどうだったんでしょうね。

いつのまにか、前橋が県庁所在地になっているし。

こまかい「はしょり」が多数…。

   Rimg0372

さて、二人が結婚して次の年に、楫取は元老院議官に転任します。

ふたりでどこまでも行こうね、というところで終わりでしょうか。

鹿鳴館のシーンはつっこまれる前に、まったく別物…というスタッフの言葉が公式サイトに出ていますよ。

資料が少ないみたいですね。

八重の桜でもでてきた津田梅子が登場するよう。

まさにあの時代ですね。

いろんな大河がかぶります。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年11月29日 (日)

Hana more you 第48回

ここのところの数回で、明治も15年になってしまいました。

あと2回を残すのみ、なので…どんどんと月日がたっていきます。

今回は、富岡製糸場が閉鎖の危機、はたまた美和と楫取の行く末に阿久沢夫婦が首をつっこみ、みたいな展開となっています。

このあいだ二人が同じ部屋に泊まってから、すでに4年ほどたっています。

明治12年には、久坂の子秀次郎が久坂家を正式に継ぐこととなったようです。

秀次郎は医者になるといっていましたが、のちに大倉財閥関連の大倉組(ホテル・オークラなどなど)に就職?した模様…。

辰治姐さんも、再婚して幸せになったようですし…。

辰治姐さん、当初のように広末さんが演じていたら、違った感じだったでしょうか。

   R0010225

次回は美和と楫取が再婚して…いよいよ大団円に向かう一歩手前。

民治も松下村塾ではりきっていましたし。

いろんな人がちょこちょこと、下を向いている暇はないってか。

西郷どんの弟、西郷従道もちらっと。

大河も大詰め、いよいよ年末モードですね。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2015年11月22日 (日)

Hana more you 第47回

「花燃ゆ」の音楽は川井憲次さんが担当ですが、川井さんはゲームミュージックや映画音楽など幅広く作曲されています。

私の大好きな映画「野獣(ヤス)」(日本では「美しき野獣」)も手掛けられています。

と、さてと…。

今日は美和と寿の今生の別れ、姉妹の約束、が描かれました。

楫取には、息子に託した手紙の中で、美和を後添えに…と、どんな気持ちで書いたことか。

寂しかったでしょうね。

   R0010258

生糸の相場が上がったり、下がったりで楫取達は翻弄されますが、目先の利益を追う阿久沢と、100年後の発展を願う楫取がまたもや対立。

また短期間に決着がついて、やすやすと阿久沢が味方に。

足りない生糸も、「知り合いの…」と隠し玉のようにドーンと出してくる阿久沢。

納期を遅らせてもらう? そりゃだめだ! とか騒いでいる間に阿久沢に相談せーよ…。

来週を入れて、あと3回。

なのに富岡製糸場の(存続の)危機とか??

バタバタしそ~ですねぇ。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2015年11月15日 (日)

Hana more you 第46回

何も、やましいことはないけれど…。

足を引っ張ろう、とする人がうようよ蠢いているところで隙をみせてはなりませぬ。

今日のテーマは、楫取が最後に皆の前で言っていた、真心を持って接すれば…というところにつきますね。  

西南戦争で戦って国賊となった者達に、未来を、希望を与える楫取。

服役囚を収監する場所がないわけですから、彼らは全国各地で収監されて労役につくわけですが、網走の獄舎の建設に携わったりもしていたのです。

武士として戦ってきた彼らが新しい路を切り開くお手伝いをする心に賛同する声も多くなっていくのでした。。

まあ、おうおうとして…こういう「みんなのことを考えている」人は妻の気持ちをいまいちわかってなかったりするんですよね。( ̄◆ ̄;)

  R0010229

そんな楫取の妻、寿の寂しい思いを美和に伝える久米次郎。

来週は美和、東京に行くみたいですが、今より交通が発達していないから、東京、群馬もなかなかいったりきたり出来がたいですね。大変そう…。


そうこうしているうちに、あとひと月くらいとなった「花燃ゆ」

うまく大団円を迎えることができるのでしょうか。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年11月 8日 (日)

Hana more you 第45回

インターポット
なんだかんだで、あとひと月くらいとなってしまった「花燃ゆ」です。

盛り返すか??と思えて失速してしまった大奥編、そして群馬編になだれこみました。

群馬に来てから、少し面白くなったような気がしますけど…。

今日は良純氏、おぼっちゃんが真っ黒に汚れていい味出してました。

農業の父ですね。

そして、最近は…いずれ再婚する楫取と美和を正当化させるための話が多いような。

別に妻の妹を後妻にする話なんて、昔はたくさんあるんだから、あまりそこに時間をさかなくてもいいと思われ。

今日も、やむにやまれず宿の同じ部屋に泊まることとなった二人。

こんな田舎で、県令殿が…。

すでに来週の予告で、よくない噂が流れている風。

まあ、同じ屋根の下に二人で住んでいるので楫取は気にしてないのでしょうが。美和は気になっている様子。

その微妙な雰囲気が久米次郎に伝わっているような気さえします。

母の寂しい気持ちを察してるような。

そして数秒のシーンで西南戦争が終わり、西郷どんがその人生に終わりを告げて、木戸も病死。

はやい…。

なんか時間配分が、荒い気がします。

群馬の生糸の値が暴落して、楫取が品質の安定のために組合をつくろうとしますが…。

船津伝次平は、1977暮れには東大に奉職。もうあまり出演の機会がない??

ばたばたとしてきましたね。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年11月 1日 (日)

Hana more you 第44回

群馬の県令となった楫取素彦は、阿久沢一派と反目しあい、なかなか前に進めません。

そんな楫取の足手まといになりこそ、サポートがなかなかできないと感じている妻、寿の寂しさを手紙から感じ取る母。

檀ふみさん、いいですねぇ。

今回「花燃ゆ」で一番素敵だと思ってみています。   

さて、明治十年といえば、木戸らの話にもありましたが、西南戦争で鹿児島がざわついていました。

次回、後ろ姿で切腹していたのは、はたして???

  Rimg0142

美和もせいへの説得がうまくいき、女達に学問を教え始めます。

美和じたい、いつそんなに学んでいたのか疑問ですが…。

だんだんと、義兄楫取素彦との距離を縮めていく美和。

なんたって、初恋の人ですからね。設定が…。

そして、けっこう久米次郎が登場していますが、前にもご紹介したとおり、久米次郎の最期はかなり凄惨でショッキングなものです。

事件は1896年、そのエピソードをどこかで盛り込むのでしょうか。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年10月25日 (日)

Hana more you 第43回

阿久沢せいから案内された養蚕の仕事場は、まだ年端もいかない少女も仕事をしていて、美和は少女達のほか、その母親達にも教育が必要だと感じるのでした。

そんな頃、萩では前原一誠が反乱を起こしたとの知らせが。

急いで萩に行こうとする楫取素彦ですが、寿が身を呈して行かせません。

美和は甥の久米次郎とともに萩に戻れば、すでに反乱軍は政府軍に鎮圧されて…。

  Rimg0198

民治の息子は戦死しますが、民治の娘婿(文之進の養子)も戦死したことにはふれていないですね。

ついに話題にもでず…。

息子がかかわっていた方が、文之進の切腹にも説得力が出そう…。

まことの武士がまたひとりずつ、日本から、いや地球からいなくなっていくという…。

次回からも、せい達の反対にあいながら、婦女子にも教育をと奔走する美和が描かれる様子。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年10月18日 (日)

Hana more you 第42回

1876年、群馬県令に着任した楫取素彦についていった美和ですが、奥で図々しいほどにふるまっていたのに、群馬では最初オドオドしていましたね。

だんだんと美和らしくなっていきましたが…。

そして、同年、美和を励まし続けた弟の敏三郎が逝去。

急ぎ萩に戻る美和、今際の際の敏三郎に「私は何か役に立てたのでしょうか。」と問われます。

その敏三郎の設計図を基に、二条窪では水路が引かれることに。

よかったね。トシ(ノд・。)

美和は母の慟哭に後ろ髪をひかれるようにして、群馬に戻るのでした。

その時携えていたのが、兄の形見の短剣でした。

群馬で待っていた寿も、先立って行った弟に思いを寄せます。
  

  00030003

保守的で、排他的な地にあって、新参者の楫取はなかなか受け入れてもらえません。

米国に会社をつくって生糸の販路を開拓したいという若者の渡米費用を、県のお金から捻出したい楫取でしたが…。

どうやら県庁は、勧業課長の阿久沢に牛耳られている様子。

さすがの江守さんでしたね。

古だぬきっぽさ、重厚感…。

この地元の名士が壁となって立ちはだかるのですが、結局は美和と阿久沢の妻、せいのきっぷのよさに助けられて、阿久沢はしぶしぶ新井領一郎渡米の協力を引き受けることに…。

長州の男に二言はありません。

( ̄▽ ̄)

ということで、来週は萩の乱てことで。

        にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村


2015年10月11日 (日)

Hana more you 第41回

いよいよ物語も佳境に入り、群馬編に。

やっと村人達と心が通じ合って、信頼を勝ち得た楫取のもとに、群馬の県令という大仕事を引き受けてもらうよう、木戸が説得にやってきます。

ここを終焉の地と決めていた楫取ですが、村人達の後押しもあって、群馬に赴くこととなりました。

健康状態に不安のある寿は、美和に群馬に一緒に行ってもらいたいと頭を下げて…。

どうやら、萩の乱は再来週勃発のようですね。

東京に来ていた久米次郎とともに、美和も萩に帰る模様…。

  1011

さて、富岡製糸場です。

この間、たまたま購入した切手シートが富岡製糸場でした。

製糸工場というと、体を壊した女工さんが「あぁ、飛騨が見える」と呟いて、兄の背中で息を引き取る「あヽ野麦峠」のイメージがありますが、実際にあんな過酷な労働を強いられていたのでしょうか?

国が、つまり官営の頃は、そんなにきつくはないようで、むしろ外国技士達の指導のもと、指導者になって他の工場で教える立場となった女工さんも多かったのだとか。

日曜は休み、とか食費に寮費も工場持ちなんて嬉しいですね。

まあ、女性が400人も集まったら…いろいろあったでしょうが。(^-^;

ただし、民営化の後はだんだんと労働時間も長くなり、ストライキもおきていたみたいです。

富岡あたりのゴルフ場では「女工さんも愛したカレー」みたいなレトルトカレーも人気商品として売られているようですが。

どちらにしても、また新しい役者さんも登場して、ちょっと面白そう。

        にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ   にほんブログ村


その他のカテゴリー

2013 モルディブへ 2013大河ドラマ『八重の桜』 2014大河ドラマ「軍師官兵衛」 2015大河ドラマ「花燃ゆ」 2016大河ドラマ「真田丸」 2017大河ドラマ「女城主直虎」 2018四万温泉 2018大河ドラマ「西郷どん」 2019大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」 2020大河ドラマ「麒麟がくる」 mikiおすすめの逸品 mikiの北海道旅情 mikiの多摩日記 mikiの新宿日記 mikiの日本橋日記 mikiの眼の上のこぶ日記 mikiの骨折り日記 mikiみてある記 mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~ miki呑みある記 miki旅先サバイバル英語 miki的「涙活」 miki的「生活の知恵」 miki食べある記 O型ルーキーの行方 THE BENTOH おしゃれダイバー道 おすすめサイト かにぱんとわたし しばわんクラブ なぜもてるダイビングイントラ なんでもかんでもTOP10 ゆけゆけ伊豆ダイバー インターポット ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマンスタンプラリー グルメ・クッキング ゲーム スヌーピー関係 スポーツ スポーツクラブ セブ島旅行 ダイビング ニュース パソコン・インターネット パワーストーン ファッション・アクセサリ マルちゃんフリーズドライdeレシピ リゾダイ達人への道 丸の内ランチシリーズ 人形町ランチ 人生にadios?シリーズ 占い・タロット 大河2012『平清盛』 大河ドラマ『江』 学問・資格 小笠原旅行 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 断捨離 新月とかスピリチュアル系 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 有楽町大好き 武蔵野台地を巡る飯 納豆ラプソディ 美容・コスメ 芸能・アイドル 華やぎ禁止車中 西新宿ランチシリーズ 詐欺に注意 趣味 音楽 サラリーマンイントラ道 シンガポール・ティオマン旅行

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー