« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第30夜~ | トップページ | スポーツ観戦はお腹がすくね »

2015年7月10日 (金)

夏のたき火

豊田駅で、電車が発車する時のホームに流れる曲「たきび」

寒い冬はぴったりだったけれど、この蒸し暑さで 

♪おちばたき~

は、暑さ倍増…と思っていたのだが…

どうやら、たきびの作詞者の巽聖歌が、日野にゆかりのある人みたい。

生れたのは岩手だけれど、Wikiを見たら、死没が日野となっている。

亡くなるまで旭が丘に住んでいた…と。

ここは旭が丘中央公園…なるほど~。

    0709

そして、ともに白秋に師事した新美南吉をかわいがっていたそうです。

新美南吉…

ごんぎつね。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

理不尽すぎるような、救いがないような、あの有名なごんぎつねは、南吉18歳の時に書かれたものらしいです。

7日以上の雨は41年ぶりとか。

雨にうたれながら…なぜか、かきねのかきねのかきのたね~と歌ってしまうのでした。

             にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
人気ブログランキングへ         にほんブログ村

« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第30夜~ | トップページ | スポーツ観戦はお腹がすくね »

mikiの多摩日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏のたき火:

« mikiログ的怪奇譚~百ものがたり~第30夜~ | トップページ | スポーツ観戦はお腹がすくね »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー