« mikiみてある記~(駒込)吉祥寺の桜~ | トップページ | 桜 2014 柳瀬川沿い(3) »

2014年4月 7日 (月)

Kan kan kanbe 第14回

秀吉の播磨平定も、残すは「上月城」だけとなりましたが、光の姉、力が嫁いでいて、官兵衛とは、城主上月景貞とは、相婿の間柄です。

どんな戦い方をしても遺恨は残るものですが、宇喜田直家の策略により、そそのかされた景貞の家臣らが、景貞の寝首をかいて秀吉に献上してしまいます。

結局、その家臣らは信長に殺されてしまうことになりましたが。

また、姉妹の仲を引き裂こうとしたとして、そもそも官兵衛のことを嫌っていた櫛橋左京進の遺恨をも招きます。
 

 201204061200000

宇喜田直家、陣内氏怪演…不気味すぎです。

山中鹿介(幸盛)、別所氏といえば、シュッとしたヤンエグ(今使わんか)役が多かったのに、なんか豪胆な武将役でびっくり。昔なら亡くなった蟹江さんとか似合いそうな。

う~ いろんな武将が次々登場!!!

意外な人が演じていると楽しいですね。

秀吉の「げっ!」は、やっぱり「まんま」竹中さんでしたね( ^ω^ )

不満は、官兵衛がなんでも光に話しすぎること。

我が家では「これはいわないよねぇ、女房にはねぇ。」と、いつも話してます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

« mikiみてある記~(駒込)吉祥寺の桜~ | トップページ | 桜 2014 柳瀬川沿い(3) »

2014大河ドラマ「軍師官兵衛」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kan kan kanbe 第14回:

» ニューバランス 1400 [The Origin of Soccer]
The Origin of Soccer There are a number of conflicting beliefs concerning t ニューバランス 576 he question of who i... [続きを読む]

« mikiみてある記~(駒込)吉祥寺の桜~ | トップページ | 桜 2014 柳瀬川沿い(3) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー